HOME » 今注目のにんにく卵黄の効果・効能 » にんにくの効果・効能

にんにくの効果・効能

にんにくに含まれる成分がもつ、優れた効果効能をご紹介しています。

からだにイイことたくさんあります!にんにくの効果・効能

にんにく卵黄のサプリメントをご紹介しているこのサイト。ここでは、その効果のうち、にんにくの成分がもつ効果や効能についてまとめてみましょう。

注射で摂取も!?にんにくの優れた成分

にんにくの効果・効能にんにくは、からだの健康を取り戻す効果が非常に高いことはよく知られています。最近はすっかり定着しているのが、にんにく注射。疲労回復や滋養強壮のために、にんにくの成分を注射するのだそう。

それほど優れた効能を持つにんにく。さっそくその効果を見ていきましょう。

 

からだイキイキ!疲労回復効果

なんといっても1番の効果は、疲労回復・滋養強壮ですよね。

にんにくの独特のニオイのもとになるのが、アリシンという成分。このアリシンは、体内でビタミンB1と結合して、アリチアミン成分になります。これが糖質をエネルギーに変換するため、元気が出るというわけです。

「毎日の疲れが取れない」「寝てもすっきりしない」「からだが重い」…、そんな方にはにんにくがピッタリなのです。

ダイエット効果も!

エネルギーを生み出すということは、体内の糖を燃焼するということ。つまり、脂肪を燃焼させてエネルギーを生み出しているということです。

そのため、にんにくにはダイエット効果もあります。スタミナがついてダイエット効果もあるなんて、優れた成分だと思いませんか?

病気を防ぐ

殺菌作用

アリシンには強い殺菌作用があります。

風邪や感染症の原因となる細菌に対して、強い殺菌作用を発揮してくれるアリシン。実に23種類の細菌、6種類の真菌、病原酵母やサルモネラ菌などを殺すことがわかっています。ピロリ菌やO-157もこれに含まれます。

これは、ペニシリンと同等の殺菌効果だと主張する研究者さえいるほど。天然の抗菌薬として使われてきたのは、これが理由なのですね。

ガン予防

また、ガンに対する防御作用や、ガン細胞の生育抑制効果もあります。

これは、アリシンが油に溶けることでできるアホエンという成分の作用。アメリカの国立がん研究所では、ガンを予防する効果がもっとも高い食品はにんにくだとしているほどです。

血圧低下・血液サラサラ効果

抗ガン効果だけでなく、血液をサラサラにして血栓を防ぐ効果もあります。また、血小板の粘着力を弱め、動脈の血管壁を広げる作用もあります。これによって血液の流れがよくなり、血圧が下がります。

不規則な生活や加齢によって、血液はドロドロになり、血圧が上がっていきますが、これを防いでくれるのも、にんにくに含まれるアリシンなのです。

美容効果も!

上で紹介したアリチアミンという成分は、アリシンとビタミンB1の化合物。ということは、アリチアミンを取ることでビタミンB1も摂取しているということになります。

ビタミンB1は肌の代謝を促進するので、肌ツヤが良くなる効果が期待できます。

また、皮膚の内部の脂分を適度に保ち、水分と脂分のバランスを保ってくれます。これによって、小じわやたるみを目立たなくしてくれるのです。

精力アップの効果もある

にんにくは様々な効果がありますが、精力増強としても期待できます。特に夜の生活の悩みがある方には最適です。
30代から40代の男性は精子の量が不足するタイミングでもあり、その中には性欲自体が減衰する人も増えてきます。様々な性に対するデリケートな悩みが多くなってくるので、誰にも相談ができずに塞ぎ込んでしまう人もいます。

にんにくには代謝アップと血行促進の効果があり、精力を高めるには血行促進が欠かせません。そのためにんにくを食べると、自然と血行促進と精力を健康的に高めることができるので、本来の性欲や精力が戻ってきます。
精力減衰と勃起不全は全く違うものです。起ちにくいというのは、疲れが原因起こっている可能性が高いので、にんにくで疲労と精力を回復すると、勃起力が戻ってきます。

にんにくの効果を多く含んだにんにく卵黄を飲むと、簡単に精力を高めることができます。高血圧や狭心症でEDの薬を飲めない人にもおすすめです。セックスレス改善のために夫婦でにんにく卵黄を愛用している人もいるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

眼精疲労

最近ではほとんどの人が持ち歩いているスマホですが、長時間使い続けると目を酷使してしまいます。さらに仕事やプライベートでも、パソコンを見る機会が増えると目の疲れが大きくなり、眼精疲労に繋がります。
眼精疲労になると様々な身体の不調を引き起こします。目の奥が痛み出したり、チカチカする、目が赤く充血するなどの症状が出てきます。さらに人によっては、頭痛や吐き気、肩こりになる可能性があるので目の疲れを放置するのはよくありません。

そこで効果的なのが、にんにくに含まれる「アリイン」や「スルフィド」です。これらは眼精疲労や目の老化などの症状を予防する働きがあります。さらに、腎臓や肝臓の働きを整え、血糖低下を防いでくれます。

にんにく卵黄で不眠症対策

睡眠の質を大きく左右するのが、レム睡眠とノンレム睡眠です。この2種類のバランス上手く関わり合うことで、睡眠の質もグンと良くなります。まずレム睡眠とは、眠りが浅くて夢を見ていることが多い状態です。
寝ているようでも脳は動いているので、記憶の整理をしていると言われています。ノンレム睡眠とは、深い眠りの事で、脳がしっかり休んでいる状態です。レム睡眠とは逆の状態で、体が起きているので筋肉に力が入りやすく、寝返りをうつものとされています。
一晩の睡眠の中でこの2種類の、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に繰り返されます。浅い眠りと深い眠りで体と脳を休め、体力を回復させるようにしましょう。

眠れない原因

眠れない原因には、心理的ストレス、身体的ストレス、生活習慣の影響があります。眠れない日が続くと、寝られないことがプレッシャーになり、ストレスを感じてしまい、それがさらに不眠を引き起こします。
不眠はなかなか寝付けないと感じる軽いタイプから、夜中に何度も目が覚める、朝早くに目が覚めてそこから眠れないというタイプまで様々とあります。不眠が続くと、体に不調が出てきてしまいます。頭痛や疲労が始まり、倦怠感を感じたりイライラしてしまいます。

睡眠の質を上げる方法

睡眠の質を上げるにはまず、生活リズムを整えることから始めましょう。毎日同じ時間に就寝し、朝同じ時間に目が覚めるようにして、最初は慣れなくてもクセがつくまで続けましょう。
すると自然と体にリズムがつき、睡眠の質が上がってきます。さらに日中に適度な運動をして、体を程よく疲れさせましょう。体が疲れていると夜に眠気が起こりやすくなります。

にんにく卵黄が睡眠の質を上げる

上記のような工夫をするのが難しいという方は、にんにく卵黄で睡眠をサポートするのも一つの手段です。にんにく卵黄はにんにくの良い点をそのまま残し、強烈なニオイをできるだけ取り除いたサプリメントです。
にんにく卵黄は、アリシンとビタミンB1が結合され育成された、アリチアミンが含まれています。このアリチアミンは血液中に長時間留まる働きがあるので、それが疲労回復効果になります。さらに、アリシンとビタミンEが結合すると脂質アリシンになり、血行を良くして不眠によるストレスを緩和します。

にんにくサプリを活用しない手はない!

にんにくには、本当にたくさんの効果があるんです。「それならたくさんにんにくを摂りたい!」と思った方もいると思います。

とはいえ、毎日にんにくを食べるのは大変だし、ニオイも気になりますよね。そこで活用したいのが、にんにく成分のサプリメント。毎日にんにくの成分を手軽に摂ることができるので、健康維持・疲労回復には最適だと思います。

卵黄と組み合わせたにんにく卵黄サプリなら、さらに効果がアップ!このサイトで紹介しているにんにく卵黄サプリもぜひチェックしてみてくださいね。

5つの条件に当てはまるおすすめにんにく卵黄はこれ!