HOME » 検証写真満載!にんにく卵黄を徹底比較 » 薩摩 黒にんにく卵黄

薩摩 黒にんにく卵黄

九州の肥沃な土地で育った原料でつくられたにんにく卵黄「薩摩 黒にんにく卵黄」を実際に飲んでみた感想をレポートしています。成分データや価格も調査しました。

S-アリルシステインが8倍!「黒」の力で健康になれる、薩摩 黒にんにく卵黄

熊本の旭志村で丹念につくられた黒にんにくによるにんにく卵黄サプリが「薩摩 黒にんにく卵黄」。自然の力が詰まった、こだわりのサプリです。

5年の歳月をかけてつくられた黒にんにく

長寿の里 薩摩 黒にんにく卵黄 パッケージ

薩摩 黒にんにく卵黄は、その名の通り薩摩の国・熊本県でつくられたサプリメント。火山灰の肥沃な土地で育てられたにんにくと、鹿児島で大切に育てられた鶏卵の卵黄油が原料となっています。

長寿の里 薩摩 黒にんにく卵黄 サプリ

中身は黒いカプセル。にんにくを熟成させてつくった黒にんにくの色でしょうか。この黒にんにくは、昔から伝わる渋柿のつくり方をヒントに、5年の歳月をかけて作られたのだそう。生にんにくと比べてポリフェノールは43倍、S-アリルシステインも8倍になり、有用成分が非常に豊かになっています。

このカプセルを1日に2~4粒ほど飲みます。一度に飲んでもいいですし、朝晩1粒ずつ飲むのもいいですね。

サプリの飲みやすさをチェック!

長寿の里 薩摩 黒にんにく卵黄を飲む

まずは臭いをチェック。にんにくの臭いはしないのですが、何となく甘いにおいがするような…?でも、飲みにくさや味はありません。飲みやすさでは問題なく、にんにくの臭いがあがってくることもなさそうです。

カプセルの大きさは1.2cm。ミニカプセルで小さいのですが、1日2~4粒でOKとのこと。成分がぎっしり詰まっているのですね。

成分はシンプル

長寿の里 薩摩 黒にんにく卵黄 成分

成分表を見てみると、卵黄油、発酵黒にんにく、卵黄粉末とカプセルの素材だけで構成されていることがわかります。ほかの添加物がないので、薬との飲み合わせなどを心配しなくてもよさそうですね。

薩摩の優れた素材でつくられた、豊かなサプリ

にんにくというのは、栽培する環境に大きく左右される繊細な作物なのだそう。薩摩 黒にんにく卵黄で使われるニンニクは、火山灰で養分を蓄えた肥沃な土地でそだったもの。手間と時間をかけて育てられたにんにくは、滋養分がぎっしり詰まっています。

また、卵黄も30個の卵から4ccしかとれないという貴重な卵黄油を使用。弾力があって大きな黄身の栄養分を凝縮してつくられています。

口コミ情報

最後に、薩摩 黒にんにく卵黄を飲まれている方の口コミ情報をご紹介しましょう。

  • 冬の寒さに毎年滅入っていたのですが、黒にんにく卵黄を始めてからは寒さが気になりません!驚いています。
  • 薩摩 黒にんにく卵黄を飲みはじめてから、毎日調子が良くてこわいくらいです。毎朝シャキッと起きて、子どもの早起きにもついていけます。
  • 体力勝負の看護師の仕事なので、欠かせないサプリです。栄養ドリンクを飲んでいたときよりずっと元気で経済的です。

商品の特徴

長寿の里 薩摩 黒にんにく卵黄 WEBサイト
詳しくみる

にんにくの原産地 熊本県 卵の原産地 鹿児島県
栽培方法 農薬をできるだけ減らした農法での栽培 サイズ 1.2cm
臭い度 かすかに甘い香り 容量 62粒
1日の
摂取量
2~4粒 1日あたりの価格 51.6円
1ヶ月あたりの価格 1,600円